(出典 j.people.com.cn)



1 Ψ :2018/09/03(月) 12:14:25.81 ID:4roK2hJ2.net

2018年9月2日、網易体育は、ジャカルタ・アジア大会の柔道混合団体で
日本と戦って敗れた韓国代表6人が、
判定を不服として畳に座り込んで抗議を行ったと報じた。

1日に行われた柔道混合団体準々決勝の日本―韓国戦は、4勝先取の6回戦勝負を3勝3敗で引き分けた。
ルールにより審判の採点による判定となり、
一本勝ちが多かった日本が勝利して準決勝進出を決めた。

この裁定を不服とした韓国側は抗議を行い、
約10分の協議を経て審判団は元の判定を支持。
すると韓国の男女選手6人は畳の上に座り込み、約15分間その場を動かなかった。

韓国KBSテレビは「11―10で韓国の勝利のはずが21―10で日本の勝利となった」と主張したほか、
韓国メディアからは「審判の中に日本人がおり、韓国人が得るべき勝利を盗み取った」との主張が出た。
韓国メディアの主張する点数の計算方法は不明だが、
韓国は一本勝ち(反則を含む)の数が多い方を優勢とするという
今大会のルールを把握していなかったとみられる。
日本の3勝は全て一本勝ちだったのに対し、韓国には優勢勝ちが一つ含まれていた。

記事は、日本メディアから「韓国人が昔の手をまた使い、秩序を乱した」との
批判が出たことを伝えるとともに、
2012年ロンドン五輪フェンシング女子エペ個人準決勝で、

韓国のシン・アラムが残り1秒でドイツ人選手に攻撃され敗戦した際、
「最後の1秒は存在しなかった」と会場に座り込んで1時間近い抗議を行ったことを紹介している。
(翻訳・編集/川尻)

https://www.recordchina.co.jp/b640456-s0-c50-d0135.html


【柔道の判定に不服、韓国メディアは「審判の中に日本人がいて、勝利を盗み取った」と主張―中国メディア】の続きを読む