(出典 rpr.c.yimg.jp)



1 Egg ★ :2018/08/27(月) 13:28:34.74 ID:CAP_USER9.net

■アンジェ戦の試合終盤に立ちはだかるマーカーを足技一つで打開

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、シーズン序盤からエンジン全開だ。25日のリーグ第3節アンジェ戦(3-1)で開幕から3戦連続ゴールをマーク。さらに試合終盤には魅惑のヒールリフトパスを繰り出し、「ファンタジーの代名詞」「レインボー・フリック」と反響を呼んでいる。

 前半12分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、後半6分にフランス代表FWキリアン・ムバッペがゴールを決めてリードを奪ったPSGは、同21分にフランス代表MFアドリアン・ラビオを起点にムバッペ経由でネイマールがネットを揺らし、強力3トップが揃い踏みとなった。

 3-1と勝利を確実なものとして迎えた後半アディショナルタイムに、ネイマールが魅せる。左サイドでムバッペからショートコーナーを受けると、マーカー二人が行く手を塞いだ瞬間、ボールを両足で挟み込み、かかとで蹴り上げて相手の頭上を抜く「ヒールリフト」を決め、ペナルティーエリア内のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーへ鮮やかにパスを通してみせた。

 ペルーメディア「Depor.com」は、「ネイマールがファンタスティックな“バイシクルパス”を披露」と特集。「ネイマールはサッカー界におけるファンタジーの代名詞。YouTubeを通じてネイマールが主演する煌びやかなアクションが拡散」とネット上で“バズる”様子を伝えている。

■「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」

 また、イングランドのスポーツ文化情報サイト「JOE」は「素晴らしいレインボー・フリック」と称し、「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」と称賛。一方、スペイン紙「AS」は、試合の大勢が決まったなかでのプレーだっただけに、「挑発、それとも天才?」と疑問を投げかけるような見出しで報じている。

 好プレーでも厳しい目を向けられるのは、もはやスーパースターの宿命。開幕3連勝とリーグ連覇に向けて好スタートを切ったPSGの中心には、今季もネイマールがいるのは間違いない。

(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web2018年8月27日11時50分
https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_131270/

写真

(出典 media.image.infoseek.co.jp)


【【サッカー】<ネイマール>魅惑のヒールリフトパスに賛否両論! 「ファンタジーの代名詞」「挑発?」「ダイブするだけの選手ではない」】の続きを読む