スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ:フィギュアスケート > 羽生結弦


    診断は「3週間の安静」、それでも羽生結弦は滑った
    診断は「3週間の安静」、それでも羽生結弦は滑った  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 wezz-y.com)


    大きな怪我でなくてよかった

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/17(土) 22:36:13.61 ID:CAP_USER9.net

    ◇フィギュアスケートGPシリーズ第5戦・ロシア杯最終日(2018年11月17日 モスクワ)

    羽生結弦(ANA)がアクシデントを乗り越えて、日本男子最多となるGP通算10勝目を挙げた。
    男子フリーで167・89点をマークし、合計278・42点で優勝。この日午前の公式練習で4回転ループで転倒して右足首を痛めたが、最後まで演じきってファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出も決めた。

    ―苦しみながらやりきった。

    「構成落としているんで、体力自体はもっていたけど、最後ふわふわしちゃいました」

    ―コンビネーションで痛みがでたか?

    「痛みというか、感覚のなさが出ちゃった」

    ―滑り終えた時は。

    「“頑張った”って思った。とりあえず3クワド入れたんで良かったかなと」

    ―痛み止めの薬は?

    「そうですね、はい」

    ―どんな感じだった?

    「ちょっと感覚はない」

    ―構成を変えようと思ったのは。

    「転倒した際に“いっちゃったな”とすぐに分かったので、確認作業をちょっとしてここで何をやろうか考えながら、
    あの時には組み立てていた。ただ、やったことがないものが多々あったので、難しかったなとは思う」

    ―痛みは?

    「まだ痛み止めの錠剤は効いているし、まだいいのかもしれないけど、明日もたぶん厳しいと思うし、ちょっとファイナルについては考えなきゃいけないかなと思う。
    本当に申し訳ないんですけど、自分でも悔しいなとすごく思うのは、去年のNHK杯以降、より弱かった右足首がさらにゆるくなってしまっている。
    ほんのちょっとの衝撃でも、すぐ捻挫になってしまうというのは、本当に悔しい。自分の中としては、それも羽生結弦だから、
    そういうこけかたをするようじゃまだまだ技術不足という悔しさがあるし、もろさも含めて強い演技を積み重ねて、強い演技をできるようにしないといけない」

    ―転んだ時は?

    「回転が足りなくてこけてしまったので。ちょっとでも回転が足りなくて横にパタっと折れちゃうと、靱帯だったり骨だったり。
    切れる靱帯もないくらいなので、すぐに骨が当たっちゃったり、無理したところの靱帯が切れたりすぐにするので。まあ、弱いというかもろいというか、それも羽生結弦です」


    http://news.livedoor.com/article/detail/15611470/
    2018年11月17日 22時15分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【フィギュア】羽生 怪我の診断結果は?!「弱いというか、もろいというか、それも羽生結弦」】の続きを読む


    羽生結弦、ジャンプで転倒 右足引きずり、練習切り上げ
    羽生結弦、ジャンプで転倒 右足引きずり、練習切り上げ  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 ひかり ★ :2018/11/17(土) 16:10:38.21 ID:CAP_USER9.net

     「フィギュアスケート・ロシア杯」(17日)

     男子フリーを前に公式練習が行われたが、SPで世界最高記録を更新し首位に立った羽生結弦(23)=ANA=をアクシデントが襲った。

     フリー「Origin」の曲をかけた練習で、冒頭の4回転ループに挑んだが転倒。その後はジャンプを1本も跳ばず、曲が終わる前に練習を終えた。

     羽生は右足首にアイシングを施した状態で、足をひきずりながら会場を後にした。報道陣の問いかけには「大丈夫です」と答えたものの、右足首は
    平昌五輪前にもじん帯を痛めた古傷だけに、本番への影響が懸念される。

     羽生は前日のSPでほぼ完ぺきな演技を見せ、110・53点をマーク。先日のフィンランド大会でマークした自身のSP世界最高得点を更新し、
    自身初のGPシリーズ連勝、日本男子初のGP10勝目に王手を掛けている。今大会で表彰台に上れば、2年ぶりのGPファイナル進出が決まる。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000059-dal-spo

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【フィギュアスケート】羽生結弦、右足負傷か 練習中4回転ループで転倒…「大丈夫です」も右足ひきずる】の続きを読む


    羽生結弦、今季世界最高得点を更新 ロシア杯SP首位
    羽生結弦、今季世界最高得点を更新 ロシア杯SP首位  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    やべぇな

    1 豆次郎 ★ :2018/11/17(土) 00:22:36.66 ID:CAP_USER9.net

    11/16(金) 21:33配信
     フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(16日、モスクワ)男子ショートプログラム(SP)で、ルール改正後の世界最高得点で第3戦のフィンランド大会を制した羽生結弦(23)=ANA=は、世界最高得点を更新する110・53点で首位。ファイナルを除けば自身初となる同一シーズンのGPシリーズ2連勝へ好発進した。

     羽生は3位までに入ればシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出が決まる。友野一希(20)=同大=は82・26点で4位だった。17日にフリーが行われる。

     敬愛する元全米王者ジョニー・ウィアー氏(34)のかつての演目「秋によせて」に乗った羽生は、冒頭の4回転サルコーを丁寧に跳ぶと、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も軽やかに成功。基礎点が1・1倍になる演技後半に得点源となる4回転-3回転の2連続トーループは、着氷をこらえて決めた。フィンランド大会の106・69点を上回った。

     今季のフリーは2006年トリノ五輪男子王者のエフゲニー・プルシェンコ(36)=ロシア=の演目をアレンジした「Origin」。憧れる先輩の母国でのGP。ロシア杯も4度目の出場で、ルール改正後の世界最高得点をたたき出したフィンランド大会以上の演技を目指す。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000587-sanspo-spo

    ★1がたった時間:2018/11/16(金) 21:46:06.97
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542372366/


    【【フィギュア】羽生結弦、SP世界最高点で首位!! 自身初のGPシリーズ2連勝へ好発進】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 あちゃこ ★ :2017/11/09(木) 16:51:16.63 ID:CAP_USER9.net

     フィギュアスケートのGPシリーズ・NHK杯の公式練習が9日、大阪市中央体育館で行われ、
    午後の練習から3連覇を狙う羽生結弦(22)=ANA=に参加したが、まさかのアクシデントが
    発生した。

     羽生は7日に大阪入りし、8日の非公式練習、この日午前の公式練習には参加していなかった。
    まずは本番リンクの感触をじっくり確かめると、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプも
    後半を両手を上げる形で軽やかに決めたが、4回転ループでは2度転倒。4回転サルコーは回転が抜ける
    場面が目立った。

     ロシア杯で決めた4回転ルッツの練習では、鈍い音とともに転倒。その後、右足を気にしながら、
    リンクをゆっくり周回した後と、一度練習を切り上げた。

     その後、リンクへと戻ったが、なかなか練習は再開できず、フリー「SEIMEI」の曲掛けの練習でも、
    簡単な振り付けの確認に止め、ジャンプは跳ばず。険しい表情を浮かべたまま滑り、最後のスピンまでは
    何とか確認。曲掛けの練習が終わると、いち早くリンクを後にした。

     羽生を指導するブライアン・オーサーコーチは先月のスケートカナダで腹痛を発症し、胆のうの手術を
    行い、静養中のため、今大会には帯同せず。代わってクリケットクラブのギスラン・ブリアンコーチが
    リンクサイドに立った。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000097-dal-spo


    【【フィギュアスケート】羽生結弦にアクシデント 4回転ルッツで転倒…1度リンク離れて戻るもジャンプ跳べず】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/08/31(金) 06:44:59.69 ID:CAP_USER9.net

     フィギュアスケート男子の五輪2大会連続金メダリスト、羽生結弦(23=ANA)は30日、拠点のカナダ・トロントで練習を公開し、クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)について「アクセルが一番のモチベーションになっている。できれば今季にやりたい」と今季中の成功を目指す考えを明かした。成功すれば史上初となる。

     現時点で実戦での投入時期は未定だが、既に練習は始めている。昨季痛めた右足首は順調に回復しており「ここまでに跳んでおきたかったけれど、まだ下りることができていない。ループまでは五輪の時よりうまくなったと思っている」とジャンプの調子は上がっている。

     この日の練習で、4回転ジャンプはトーループ、サルコー、ループの3種類に成功した。シーズン序盤はショートプログラムで4回転2本(トーループ、サルコー)、ルール変更でジャンプが8本から7本に減ったフリーは4回転3種類4本(トーループ2、サルコー、ループ)の構成で臨む予定だ。

    [ 2018年8月31日 06:10 ]
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/08/31/kiji/20180831s00079000112000c.html


    【【フィギュアスケート】羽生結弦 史上初のクワッドアクセル成功へ「一番のモチベーション できれば今季にやりたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ