スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ: フィギュアスケート


    紀平梨花、驚異の心肺機能に重鎮タラソワ氏も賛辞「ええ、彼女は疲れてないわ」 紀平梨花、驚異の心肺機能に重鎮タラソワ氏も賛辞「ええ、彼女は疲れてないわ」
    …ザギトワのライバルに認定「彼女はとても上手く、簡単に滑る」 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ…
    (出典:スポーツ総合(THE ANSWER))



    (出典 i.daily.jp)


    まあ、よっぽど悔しかったんだろうな。オリンピックで金メダルとったプライドもあるだろうし、後ろから追いかけられているプレッシャーも半端ないものなんだろうな。

    1 ひかり ★ :2018/12/08(土) 17:35:24.63 ID:CAP_USER9.net

    ◇フィギュアスケート GPファイナル第1日(2018年12月6日 カナダ・バンクーバー)

     女王ザギトワは、77・93点で2位発進となった。高難度のルッツ―ループの連続3回転を美しく決めるなどノーミスで滑ったが、自身が持つ
    世界最高記録80・78点には届かず、その記録も紀平に抜かれてしまった。日本の新星についての質問が飛んだが、回答を拒否。全員の得点が分かった上で
    演技をする最終滑走だったからか、「今日は少し緊張してしまったことが最大の力を出せなかった理由。ナーバスだった」と振り返った。

     シニア初挑戦の昨シーズンにファイナルを制し、その勢いのまま平昌五輪金メダルを獲得。世界を席巻したザギトワ時代は、早くも同じ年の紀平に
    取って代わられてしまうのか。紀平の存在が女王にかつてない重圧をかけていることは間違いない。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000060-spnannex-spo


    【【フィギュアスケート】ザギトワ、紀平の質問に対して回答拒否!?】の続きを読む


    紀平梨花に大国ロシアが衝撃 重鎮タラソワ氏も絶賛「ザギトワを遥かに凌駕した」 紀平梨花に大国ロシアが衝撃 重鎮タラソワ氏も絶賛「ザギトワを遥かに凌駕した」
    …ザギトワのライバルに認定「彼女はとても上手く、簡単に滑る」 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ…
    (出典:スポーツ総合(THE ANSWER))



    (出典 www.workport.co.jp)


    そうだったのか。それで2位かよ半端ねぇな。

    1 Egg ★ :2018/12/10(月) 06:22:51.85 ID:CAP_USER9.net

    「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)

    女子フリーが行われ、SP2位の平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=はフリー2位の148・60点、合計226・53点で、2位に終わったが、
    ザギトワはフリー直前に、足に負傷をしていたことが判明した。ロシア国営のタス通信は同国スケート連盟のアレクサンダー・コガン総監督の話として、
    「ウオーミングアップ中にアリーナは足を少し捻挫した。大きな問題ではなかったが」と、明かした。

    「SPORT.ru」によると、カナダスケート連盟のテッド・バートン氏が、ザギトワがテレビのケーブルでつまずき、負傷したことを発表。
    同氏によると、コーチ陣は欠場も検討したが、ザギトワ自身が出場を望んだという。

    女子の頂上決戦は、SP1位の日本の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、フリー1位の150・61点をマーク。トータルでは今季ベストの233・12点で初優勝を果たした。
    GPシリーズ参戦初年度でファイナルを制したのは、日本勢では05年の浅田真央以来の快挙となった。

    自国の女王が敗れたことについて、ロシアメディアも大きく報道。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」は、「ザギトワが王位を失った。
    素晴らしい日本の女性がそれを奪い去っていった」と見出しで報じ、「連続ジャンプのミスの後、集中して戦ったが、勝つには完ぺきでなければならなかった」と、厳しい戦いを総括した。
    紀平については「ロシア選手の構成は紀平を超えられない。技術点で優位に立ち、構成点も五輪チャンピオンとほぼ同等になっている」と、その成長に舌を巻いた。

    浅田真央らも指導した同国の名コーチ、タチアナ・タラソワ氏のコメントも掲載。ザギトワについて「いつも1番にはなれない。彼女のプログラムはもっと面白くなっていく」と、思いやった。
    一方で紀平についても「強力な技術基盤を持つライバルができた」と、称賛していた。

    12/9(日) 19:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000114-dal-spo

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【フィギュアスケート】ザギトワ足を負傷していた?!】の続きを読む


    紀平梨花、“無欠の世界一”に欧州実況席も感服「この日本人はまさに震撼させた」 紀平梨花、“無欠の世界一”に欧州実況席も感服「この日本人はまさに震撼させた」
    …日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以…
    (出典:スポーツ総合(THE ANSWER))



    (出典 talentfavorite.net)


    ザキトワに勝ちやがった笑笑
    すげぇ

    1 かばほ~るφ ★ :2018/12/09(日) 13:37:54.64 ID:CAP_USER9.net

    紀平梨花が快挙!真央以来13年ぶりデビュー年ファイナル制覇 ザギトワ抑えた
    [ 2018年12月9日 07:50 ]

    フィギュアスケートのGPファイナルは8日(日本時間9日)にカナダ・バンクーバーで女子フリーが行われ、
    ショートプログラム(SP)1位の新星・紀平梨花(16=関大KFSC)が150・61点、
    合計233・12点をマークして初優勝を飾った。日本勢としては2013年の浅田真央以来の優勝、
    また、GPデビューシーズンでのファイナル制覇は、2005年の浅田以来13年ぶりとなる快挙となった。

    2位はフリーで148・60点、合計226・53点を記録したアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)。
    SP4位の坂本花織(18=シスメックス)は合計211・68点で4位、
    SP6位の宮原知子(20=関大)は合計201・31点で6位だった。

    SPで、ルール改正後の今季世界最高得点をマークし首位に立った紀平。
    冒頭の3回転半(トリプルアクセル)は着氷で両手をついてが、慌てることはなかった。
    直後の3回転からの連続ジャンプをきれいに決めると、その後も華麗な演技を続け、
    終了後は笑顔で小さくガッツポーズをつくってみせた。

    前日の公式練習では、SPでも決めた3回転半は10回跳んで9回着氷するなど好調を維持しながら
    この日も堂々たる滑りを披露。宮原、坂本に加えて、平昌五輪金メダルのザギトワ、
    トリプルアクセルの使い手のトゥクタミシェワらロシア勢がはだかる激戦を制した。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/12/09/kiji/20181209s00079000119000c.html
    <グランプリファイナル3日目>女子フリー、
    優勝した紀平梨花(左から2人目)はザギトワ(左)、トゥクタミシェワと並び笑顔を見せる

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    GPファイナル・女子FS
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/2722

    1 Rika KIHIRA  JPN  233.12
    2 Alina ZAGITOVA  RUS  226.53
    3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA  RUS  215.32
    4 Kaori SAKAMOTO  JPN  211.68
    5 Sofia SAMODUROVA  RUS  204.33
    6 Satoko MIYAHARA  JPN  201.31
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/SEG004.HTM
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/CAT002RS.HTM
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/gpf1819_Ladies_FS_Scores.pdf

    ★1がたった時間 2018/12/09(日) 07:54:58.37
    前スレ http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544321445/


    【【フィギュアスケート】紀平梨花優勝!!!GPファイナル女子フリー結果】の続きを読む


    宇野昌磨「今回の失敗は間違いなく自信のなさ」…一問一答 宇野昌磨「今回の失敗は間違いなく自信のなさ」…一問一答
    …ポーツセンター) 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリーも2位の183・43点、合計275・10…
    (出典:スポーツ総合(スポーツ報知))



    (出典 number.ismcdn.jp)


    おつかれさん

    1 かばほ~るφ ★ :2018/12/08(土) 15:35:32.69 ID:CAP_USER9.net

    宇野、逆転ならず2位 昨季王者チェンがファイナル連覇/フィギュア
    12/8(土) 15:30配信

    フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第2日(7日、バンクーバー)男子フリーで、
    ショートプログラム(SP)首位で昨季王者のネーサン・チェン(19)=米国=が合計282・42点で2連覇を飾った。

    2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は275・10点で2位、
    4位の車俊煥(17)=韓国=は263・49点で3位、
    3位のミハル・ブレジナ(28)=チェコ=は255・26点で4位、
    6位のキーガン・メッシング(26)=カナダ=は236・05点で5位、
    5位のセルゲイ・ボロノフ(31)=ロシア=は226・44点で6位だった。

    今大会は五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が右足首負傷で欠場したため、チェンとの一騎打ちだった。
    昨年大会は0・50点差で戴冠を譲り、3月の世界選手権でも2位に抑えられた。
    SPを終えた時点で首位のチェンとは1・32点差。フリーでの逆転優勝は手の届く位置にあったが、
    またしても頂点は遠かった。

    12/8(土) 15:30配信 サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000565-sanspo-spo
    2018-19 GPファイナル・男子FS
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/2717

    1 Nathan CHEN  USA  282.42
    2 Shoma UNO  JPN  275.10
    3 Junhwan CHA  KOR  263.49
    4 Michal BREZINA  CZE  255.26
    5 Keegan MESSING  CAN  236.05
    6 Sergei VORONOV  RUS  226.44
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/SEG002.HTM
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/CAT001RS.HTM


    【【フィギュアスケート】GPファイナル男子フリーの結果】の続きを読む


    紀平梨花、際立つ3回転半の“破壊力”と各要素の“質” ザギトワと採点比較 紀平梨花、際立つ3回転半の“破壊力”と各要素の“質” ザギトワと採点比較
    …ーバー) 女子のショートプログラム(SP)が行われ、初出場初優勝を目指す紀平梨花(16)=関大KFSC=は得意の3回転アクセルを含む3本のジャンプをす…
    (出典:スポーツ総合(デイリースポーツ))



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    紀平すけぇ

    1 かばほ~るφ ★ :2018/12/07(金) 14:55:50.37 ID:CAP_USER9.net

    紀平梨花がSP首位発進 世界最高82・51点 GPファイナル女子
    12/7(金) 14:48配信

    ◇フィギュアスケートGPファイナル第1日(2018年12月6日 カナダ・バンクーバー)

    フィギュアスケートのGPファイナルが6日(日本時間7日)にバンクーバーで開幕し、
    女子のショートプログラム(SP)が行われ、初出場で頂点を狙う紀平梨花(16=関大KFSC)が
    ルール改正後の世界最高となる82・51点で首位発進。

    坂本花織(18=シスメックス)は70・23点で4位。
    4度目の出場となる宮原知子(20=関大)は67・52点で6位でフリーを迎える。

    ロシア勢は平昌五輪金メダリストで昨年女王のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が77・93点で2位。
    14年女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21=ロシア)が70・65点、
    ソフィア・サモドゥロワ(16=ロシア)が68・24点だった。

    12/7(金) 14:48配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000115-spnannex-spo

    2018-19 GPファイナル・女子SP
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/2719

    1 Rika KIHIRA  JPN  82.51
    2 Alina ZAGITOVA  RUS  77.93
    3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA  RUS  70.65
    4 Kaori SAKAMOTO  JPN  70.23
    5 Sofia SAMODUROVA  RUS  68.24
    6 Satoko MIYAHARA  JPN  67.52
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/SEG003.HTM


    【【フィギュアスケート】女子SP世界最高得点!!GPファイナル女子SPの結果】の続きを読む

    このページのトップヘ