スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ:野球 > MLB


    イチロー、マリナーズと年内にも正式契約 イチロー、マリナーズと年内にも正式契約
    …マリナーズは今季途中から会長付特別補佐となったイチローとの正式契約が、年内にも決定する見込みとなった。代理人を務めるジョン・ボッグス氏が、ウインターミ…
    (出典:野球(日刊スポーツ))



    (出典 www.asahicom.jp)


    まだいけるよいちろ

    1 Egg ★ :2018/12/11(火) 06:09:15.60 ID:CAP_USER9.net

    米大リーグの球団幹部や代理人らが一堂に会するウィンターミーティング(WM)が10日(日本時間11日未明)、ネバダ州ラスベガスで4日間の日程で始まった。
    西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)らの移籍交渉が注目される一方、
    5月以降プレーしていなかったイチロー外野手(45)のボッグス代理人が9日に当地入りし、年内中にマリナーズとメジャー契約を結ぶと明らかにした。

    マリナーズの一員として来季、日本で開催されるアスレチックスとの開幕戦(東京D=3月20、21日)でプレーするのが確定的なイチロー。
    その代理人を務めるジョン・ボッグス氏が、年内にもマ軍と正式契約を締結するとの見通しを語った。

    10月に45歳になったイチローは現在、どの球団にも属していない“フリー”の立場。
    WM開幕前日の9日に当地に入ったボッグス氏は「そんなに時間はかからないと思う。インセンティブを含め、今は詳細を詰めているところ。

    年内にも正式に契約ができるんじゃないかと思っている」。マ軍は今オフ、大型契約を結んでいた選手を軒並みトレードで放出、チーム転換を図っているが、
    米国の野球殿堂入りも間違いないレジェンドに関してはこれまで通り、手厚く扱うようだ。

    イチローは今年5月3日、「会長付特別補佐」就任が発表された。その後プレーしなかったものの、チームの遠征などに全て帯同。体力、技術ともにまだまだ現役を続ける意向だ。
    マ軍ディポトGMは、先月行われたGM会議で「健康なら来年、日本でプレーする」と語り、通常より3人多い28人枠となる日本開幕戦でのベンチ入りを“内定”していた。

    3月に契約した内容は年俸75万ドル(約8500万円)プラス出来高。相思相愛の双方には、契約に大きな隔たりはないとみられ、
    来季も今年と同額を基本線に交渉は円滑に進むとみられている。年内にも日米通算28年目のシーズンが正式に決まる。(一村 順子)
    45歳イチロー、来季もメジャー 代理人が明かした「年内にも正式に契約」

    12/11(火) 5:58配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000000-sph-base

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【野球】<45歳イチロー>来季もメジャー 代理人が明かした「年内にも正式に契約」】の続きを読む


    菊池雄星メジャー移籍のカギは、辣腕代理人・ボラスが握っている 菊池雄星メジャー移籍のカギは、辣腕代理人・ボラスが握っている
    高校時代からメジャー指向が強かった埼玉西武ライオンズのエース・菊池雄星がいよいよ海を渡る。 メジャーリーガーといえば、常人では一生かかっても稼げない…
    (出典:経済総合(現代ビジネス))


    菊池 (きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。ホリプロとマネジメント契約を結んでいる。フリーアナウンサーの深津瑠美は妻。 小学3年生の時に見前タイガースで一塁手として野球を始める。
    53キロバイト (6,861 語) - 2018年11月30日 (金) 21:51



    (出典 www.sankei.com)


    すげーな。人とのつながりはマジで大事だな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/08(土) 07:39:50.70 ID:CAP_USER9.net

    高校時代からメジャー指向が強かった埼玉西武ライオンズのエース・菊池雄星がいよいよ海を渡る。

    メジャーリーガーといえば、常人では一生かかっても稼げないような高年俸でプレーするわけだが、最多勝のタイトルを持つ日本最速左腕となれば、その数字は天文学的なものになるだろう。

    しかも、菊池と契約して、入団交渉の席に着くのは、アメリカでも屈指の辣腕エージェントだというのだ。

    交渉のテーブルに着く球団は?

    西武ライオンズの菊池雄星投手がポスティング申請を終え、いよいよメジャー球団との交渉が解禁となります。

    報道などを見る限り、サンディエゴ、シアトルなどが移籍先として候補に挙がっていますが、両チームとも「来季は絶対に優勝だ!」というチーム状態ではありません。

    特にシアトルは、今月頭にチームの看板選手であるロビンソン・カノ内野手、クローザーのエドウィン・ディアス投手をトレードに出しました。
    その代わりに獲得したのは、まだ19歳のジャレット・ケレニック外野手、23歳のジャスティン・ダン投手、同じく23歳のガーソン・バティスタ投手などの若手中心の5選手と報じられています。

    完全に「早くて3年、時間がかかっても5年」といった中期的強化ビジョンを持っている「sell」のチームになっています。
    菊池投手は今、27歳ですから、このタイミングで中堅チームに入って経験を積んで自信をつけ、3~5年後にエースとして優勝するという、チームと本人のピークが一致する移籍になるのが理想かもしれません。

    プロデビューから8年。
    過去3年間には42勝をあげている

    一方で、ヤンキースやドジャース、レッドソックスなどプレーオフを戦ったビッグクラブも興味を示しているようですね。
    これは、それぞれの球団で日本人投手が実績をしているのでまあ、当然の流れかもしれません。
    日本人投手、それも各チームでエースだったような一線級の投手は、一定のクオリティを保ってこっちでも活躍できているので、ある程度の評価を勝ち得ています。

    彼は27歳で一軍での経験も十分に積んでいますので、大谷翔平選手のポスティングのときの「27歳未満でプロ経験が6年未満」という、メジャーの新労使協定には当てはまりません。
    黒田博樹投手や田中将大投手ら、過去にメジャー入りしたほとんどの投手と同じプロセスで交渉のテーブルにつきます。金額に大きくなるぶん、期待も比例して上がっていくでしょう。

    そこでキーマンとなるのが、エージェント、代理人の存在です。

    天文学的数字を扱い、批判も甘んじて受ける

    菊池投手のエージェントは、スコット・ボラス氏です。
    日本では松坂大輔投手のケース、入札金5111万ドルに彼の年俸6年総額5200万ドルを加えた、合計1億300万ドル超(当時のレートで約120億円)という巨大契約で彼のボストン行きをまとめたことで知られています。

    彼は、古くから、バーニー・ウィリアムスを皮切りに、アレックス・ロドリゲス、現役選手ではホセ・アルテューベやマックス・シャーザーなど、大スター、名選手のエージェントを歴任してきました。

    その豪腕で金額を釣り上げるので、球団にとってはやっかいな存在かもしれませんが、天文学的な数字を扱う凄腕のエージェントであることは間違いありません。

    2006年、松坂大輔のレッドソックス入団時の会見でも、ボラス氏は同席していた(右端)

    菊池投手の市場価格については、交渉、獲得する球団にもよりますが、期待値込みで、各球団複数年を提示してきたとしても、
    年俸にならすと700~800万ドル(8億~9億8000万円)前後になるだろうと、こちらの専門誌、経済誌は分析しています。

    そこにボラス氏がどういうスパイスを加えるか。これは野球ファンだけではなく、日米の経営者やビジネスマンも注目してるのではないでしょうか。

    僕も何度もお会いして話をしたことはありますが、短い会話の中でもきちんと要点を突いてくる、とてもシャープな人ですね。

    「強欲だ」「アグレッシブすぎる」といった批判も聞きますし、彼の本心はどこにあるのかはよくわかりませんが、
    メジャーで選手としてプレーした僕の目から見ると、「選手の側に立ってビジネスを進めてくれる人なんだろうな」という印象です。

    スコット・ボラス、66歳。元マイナーリーグの内野手。引退後、大学院で法律を学び、スポーツエージェントとなった。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15709235/
    2018年12月8日 6時0分 現代ビジネス


    【【MLB】菊池雄星メジャー移籍のカギは、、 年俸8億円超えは確実か、、、】の続きを読む


    エンゼルス大谷の元同僚が事故死
    …していた2010、11年に横浜(現DeNA)とロッテでプレーしたJ・カスティーヨ元内野手(37)も死亡。元ヤクルトのC・リベロ内野手(30)は重体だと…
    (出典:野球(スポーツ報知))



    (出典 i.daily.jp)


    これは、、、きついな

    1 相沢雄 ★ :2018/12/07(金) 17:09:30.22 ID:CAP_USER9.net

    12/7(金) 15:58配信 fullcount
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00262440-fullcount-base

     ベネズエラでまさかの悲劇が起こった。今シーズン、エンゼルスで大谷翔平投手の同僚だったルイス・バルブエナ内野手、ロッテ、横浜(現DeNA)でプレーしていたホセ・カスティーヨ元内野手が交通事故で亡くなったと米メディアが報じている。

    【写真集】トラウトの隣には“美人妻”ジェシカさんの姿が…MLB球宴前に行われたレッドカーペットの様子を特集

     アメリカのテレビ局ユニビジョンスポーツのマルコス・グランフェルド記者は自身のツイッターで「元エンゼルスのルイス・バルブエナ内野手が、元パイレーツのホセ・カスティーヨ二塁手と共に交通事故で亡くなった」とツイートし訃報を伝えている。

     またエンゼルスの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」では事故を起こした車にはバルブエナ、カスティーヨ、そして元ヤクルトのカルロス・リベロ内野手が乗車しており、リベロの無事は確認されているという。

     記事では6日(日本時間7日)の夜に3人が乗っていた車が交通事故に遭遇し「彼らが所属するベネズエラの球団の広報担当が認めた」と報じている。バルブエナとカスティーヨは共に当日のナイターゲームでプレーしていたと報じている。


    【【MLB】大谷翔平の同僚バルブエナ、元横浜カスティーヨが事故死 元燕リベロは生存確認】の続きを読む


    雄星あるぞ100億円契約 FA目玉コービン合意で相場上昇 雄星あるぞ100億円契約 FA目玉コービン合意で相場上昇
    西武からポスティングシステムによる大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)の交渉が解禁された4日(日本時間5日)、ダイヤモンドバックスからFAになったパトリック・コービン投手(29)がナショナルズと…
    (出典:野球(スポニチアネックス))



    (出典 insight.official-pacificleague.com)


    まじかよ。やばすぎる

    1 風吹けば名無し :2018/12/06(木) 06:52:38.88 ID:vjed5D7d0.net

    西武からポスティングシステムによる大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)の交渉が解禁された4日(日本時間5日)
    ダイヤモンドバックスからFAになったパトリック・コービン投手(29)がナショナルズと6年総額1億4000万ドル(約158億2000万円)で合意した。
    FA市場の目玉が早期決着。今後は同じ左腕の菊池に人気が集中し
    契約総額は9000万ドル(約101億7000万円)まで跳ね上がる可能性が出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000008-spnannex-base


    【【朗報】菊池雄星、9000万ドル(約101億7000万円)で契約?!】の続きを読む


    中日・岩瀬ほどの大投手がMVPに一度も選ばれなかった意外
    中日・岩瀬ほどの大投手がMVPに一度も選ばれなかった意外  日刊ゲンダイ
    (出典:日刊ゲンダイ)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/11/17(土) 20:50:37.40 ID:T5JSf/Hm0.net

    ローカル番組のがんばれドラゴンズTVより

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【速報】イチロー、岩瀬にプレゼントを渡し逃亡】の続きを読む

    このページのトップヘ