スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ:サッカー > ポルトガルリーグ


    鎌田大地が3戦連発!冨安も移籍後初ゴールでシント=トロイデンが3連勝
    鎌田大地が3戦連発!冨安も移籍後初ゴールでシント=トロイデンが3連勝  Goal.com
    (出典:Goal.com)


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはミッドフィールダー。 「キッズFC」でサッカーを始め、小学6年生の時には全国大会に出場し全国制覇を達成した。中学生からはガンバ大阪ジュニアユース
    11キロバイト (910 語) - 2018年11月11日 (日) 06:56



    (出典 www.theworldmagazine.jp)


    鎌田大地スゲェェエ

    1 Egg ★ :2018/11/26(月) 07:00:08.01 ID:CAP_USER9.net

    【得点者】
    8分 1-0 ベズス(シント=トロイデン)
    38分 1-1 サンティニ(アンデルレヒト)
    52分 1-2 サンティニ(アンデルレヒト)
    62分 2-2 冨安(シント=トロイデン)
    66分 3-2 鎌田(シント=トロイデン)
    90+3分 4-2 ボリ(シント=トロイデン)

    https://www.footballchannel.jp/2018/11/26/post298706/

    鎌田は通算ゴール数を9に伸ばす!

    現地時間11月25日に実施されたベルギー・リーグ第16節、シント=トロイデン(STVV)対アンデルレヒトの一戦は、4-2でホームのSTVVが勝利した。

     試合は、日本のサッカーファンにとってしびれる展開となった。

     冨安健洋が3バックの右で、鎌田大地が3トップの左でフル出場したSTVVが先制に成功したのは8分だった。右からのクロスを鎌田が中央で受け、後ろから走り込んだロマン・ベズスがそのまま蹴り込んだ。

     その後は、順位でひとつ上回るアンデルレヒトの時間帯になる。38分にヘッドで、52分にはPKによってクロアチア代表のイバン・サンティニが2ゴールを叩き出し、アウェーのアンデルレヒトが逆転に成功。この2点で、サンティニは通算11ゴールとし、得点ランクのトップに立った。
     
     だが、これで試合は終わらなかった。ゲームの流れをSTVVに引き戻すことになる同点ゴールが生まれたのは62分、ショートCKからキャスパー・デ・ノレがあげたクロスにジョルジ・テイシェイラがヘッドで合わせ、GKが弾いたところを冨安が右足で押し込んだのだ。

     STVVで完全なるレギュラーとしてプレーする20歳の日本代表DFは、この移籍後初ゴールにも浮かれることなく、「もう1点行くぞ!」といわんばかりの頼もしい表情でスタンドのファンを煽る。

     そして冨安の同点弾の4分後、STVVは逆転に成功する。殊勲のゴールを決めたのはエースの鎌田だった。

     66分、ドリブル突破を仕掛けたベズスに道を開けるように左サイドに流れた鎌田に、そのベズスからパスが入る。するとチーム得点王の日本人FWは、左サイドの角度のないところから迷いなく右足を振り抜き、ニアポストとGKの間に生じたわずかな隙間に、鋭い弾道をねじ込んでみせたのだ。

     鎌田の3試合連続ゴール(通算9ゴール目)が決まり、完全に勢いづいたSTVVは、90+3分にもコートジボワール代表FWヨアン・ボリがダメ押し弾を叩き込み、4-2で勝利を飾った。アンデルレヒトは4位、STVVは5位と順位に変動はなかったものの、両チームの勝点差は6から3へと縮まっている。

    11/26(月) 5:21 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=50747

    写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/50747_ext_04_0_1543177290.webp?v=1543177445


    【【サッカー】鎌田大地が3戦連続ゴール!!!!!】の続きを読む


    中島翔哉獲得の噂…レスター指揮官、言及避けるも否定せず「移籍市場はまだ先」
    中島翔哉獲得の噂…レスター指揮官、言及避けるも否定せず「移籍市場はまだ先」  サッカーキング
    (出典:サッカーキング)


    中島 (なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のプロサッカー選手。プリメイラ・リーガ・ポルティモネンセSC所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子
    35キロバイト (3,649 語) - 2018年10月23日 (火) 08:37



    (出典 news.nifty.com)


    まあ、しゃーないやろ

    1 Egg ★ :2018/10/27(土) 07:31:30.39 ID:CAP_USER9.net

    現地時間26日に行われたポルトガル1部リーグでポルティモネンセはナシオナルに1-0で勝利したが、FW中島翔哉はベンチ入りメンバーを外れた。
    アントニオ・フォーリャ監督が、この決定を説明している。ポルトガル『Maisfutebol』が伝えた。

    ここまでリーグ戦全試合に先発出場してきた中島がベンチにもいないことは、当然驚きとなった。ただ、負傷などではないようだ。

    中島の欠場について指揮官は、「非常にシンプルだ。ナカは代表に行っていて、長い間チームから離れていた。だから我々は、選手を守ることにしたんだ。
    我々はナカのプレーを一度ではなく、何度も必要としているからね」とコメント。選手の疲労を考慮しての決断だと明かした。

    10/27(土) 6:51配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00294750-footballc-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【サッカー】中島翔哉、今季初のベンチ外。】の続きを読む


    中島翔哉が9月のポルトガルリーグ月間MVP受賞! 2試合で2得点1アシスト
    中島翔哉が9月のポルトガルリーグ月間MVP受賞! 2試合で2得点1アシスト  サッカーキング
    (出典:サッカーキング)


    中島 (なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のプロサッカー選手。プリメイラ・リーガ・ポルティモネンセSC所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子
    35キロバイト (3,649 語) - 2018年10月21日 (日) 06:05



    (出典 number.ismcdn.jp)


    中島翔哉すげぇなほんと

    1 久太郎 ★ :2018/10/20(土) 10:12:07.46 ID:CAP_USER9.net

     プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)のポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、9月の月間最優秀選手に選出された。

     19日、ラ・リーガ・ポルトガルは9月のリーグ月間MVPを発表。中島は14.2%の得票率を獲得し、2位(9.52%)3位(8.93%)を抑えて、受賞を果たした。

     9月はリーグ戦が2試合実施され、中島はギマランイス戦で2得点、1アシストを記録。全得点に絡み、チームをシーズン初勝利に導いていた。

     また、今シーズン開幕からリーグ戦全7試合に出場しており、これまでに4ゴール、3アシストをマーク。リーグの得点ランキングでも2位タイに浮上するなど大活躍を披露している。

     先日の日本代表戦でも躍動した中島。24歳の逸材の活躍に今後も目が離せない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00850306-soccerk-socc


    【【サッカー】中島翔哉が9月の月間MVP受賞!今やポルトガルリーグの注目の的!】の続きを読む


    中島翔哉の“移籍先”と日本代表の未来 香川&本田の例に見る理想の新天地とは?
    中島翔哉の“移籍先”と日本代表の未来 香川&本田の例に見る理想の新天地とは?  Football ZONE web
    (出典:Football ZONE web)


    中島 (なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のプロサッカー選手。プリメイラ・リーガ・ポルティモネンセSC所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子
    35キロバイト (3,649 語) - 2018年10月21日 (日) 06:05



    (出典 number.ismcdn.jp)


    難しいよな移籍って。

    1 Egg ★ :2018/10/21(日) 21:08:31.41 ID:CAP_USER9.net

    評価上昇中の“10番”中島、去就は日本代表にとっても重要な問題に…

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ウルグアイ戦でも大活躍だった中島翔哉は、冬のマーケットで移籍するか、遅くとも来年夏には所属するポルティモネンセ(ポルトガル)を離れるに違いない。そして移籍は個人の問題とはいえ、中島の新天地は日本代表にも影響を及ぼす可能性がある。

     ドルトムント(ドイツ)で飛ぶ鳥を落とす勢いだった香川真司は、2012年夏にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)へ移籍してコンディションを落としてしまった。世界的名門のユナイテッドからオファーがあれば断れない。ただ、ユナイテッドは香川のプレースタイルとは合わないチームだった。

     当時のファーガソン監督は、香川の獲得でチーム全体のプレースタイルを変化させようとしたのだろうが、香川一人でどうにかなるものでもなかった。2012-13シーズン、ユナイテッドはプレミア制覇を果たし、サー・アレックスは引退。香川もそこそこ活躍はしたが、次のシーズンは出番を減らしてしまう。

     ユナイテッドはこれまで移籍によって栄光を築いてきた半面、失敗も何度かやっている。2001年にアルゼンチンのフアン・セバスティアン・ベロンを獲得した時も、使いきれないまま終わっていた。あえて異物を混入させて化学反応に期待するのだが、上手くいかないことがあるのだ。

     CSKAモスクワ(ロシア)に幽閉状態になっていた本田圭佑も、2014年1月にやっと移籍できたと思ったらACミラン(イタリア)だった。ミランで10番をもらって期待は大きかったが、やがて背番号が重荷になっていく。本田の場合はプレースタイルの問題よりも、クラブそのものが泥舟だった。経営権争いの真っ最中で、できれば移籍したくないクラブの典型と言っていい。

     香川、本田という二枚看板の不調は、2014年ブラジル・ワールドカップに臨む日本代表に影を落とすことになった。二人とも結果的に最後の選択を誤ってしまったと言える。ドルトムント、CSKAというCLにコンスタントに出場できる各国トップクラスで活躍したところまでは申し分のないキャリアである。二人にとってユナイテッド、ミランへの移籍はキャリアのピークであり、「上がり」に相当する仕上げだったが、そこが上手くいかなかったわけだ。

    つづく

    10/21(日) 20:45配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142976-soccermzw-socc


    【【サッカー】中島翔哉の理想の移籍先は?!未来の日本を担うエースの重要な選択。】の続きを読む


    中島翔哉の活躍にポルティモネンセ幹部のポンテ氏が賛辞「私達が誇るサムライ」
    中島翔哉の活躍にポルティモネンセ幹部のポンテ氏が賛辞「私達が誇るサムライ」  Goal.com
    (出典:Goal.com)


    中島 (なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。ポジションはMF、FW。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2つのサッカースクールとフットサル教室に通っていた。200
    35キロバイト (3,577 語) - 2018年10月8日 (月) 01:14



    (出典 www.football-zone.net)


    本当にレアルいっちゃうかもな

    1 Egg ★ :2018/10/10(水) 06:31:48.70 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ポルトガル1部のポルティモネンセで活躍する24歳の日本代表MF中島翔哉。市場価値は4000万ユーロ(約52億円)に達していると、9日にポルトガル紙『ディアリオ・デ・ノティシアス』が報じている。

    【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

     同紙はタイトルに「小さな皇帝はすでに4000万ユーロの価値がある」とつけ、「スポルティングCP戦で素晴らしいパフォーマンスを見せ、2得点2アシストと活躍した。12日のパナマ戦、16日のウルグアイ戦に臨む日本代表にも招集されている」とし、「中島は6月のワールドカップメンバーで落選したが、今や代表チームでの地位は高まっている」と伝えている。

     かつてはJリーグの東京ヴェルディやFC東京、カターレ富山などでプレーしていた中島。ポルティモネンセに移籍してから存在感を発揮し、今では背番号10を託されるまでになった。今季はリーグ戦7試合出場で4得点3アシストの大活躍。次の移籍市場では、様々なクラブからオファーが届くことになりそうだ

    10/10(水) 5:50配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00292449-footballc-socc


    【【サッカー】中島翔哉の市場価値は??驚愕の金額!!】の続きを読む

    このページのトップヘ