スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ:サッカー > フランス・リーグアン


    ネイマール、プレミアリーグ移籍を示唆 「偉大な選手ならプレーしなければ」 ネイマール、プレミアリーグ移籍を示唆 「偉大な選手ならプレーしなければ」
    …パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ…
    (出典:サッカー(GOAL))


    今度はプレミアですか

    1 Egg ★ :2018/12/06(木) 12:44:25.00 ID:CAP_USER9.net

    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。

    史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

    昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。フランスの地でも輝きを放つ26歳に対しては、レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍のうわさも伝えられてきた。

    そのネイマールが、『YouTube』で様々な質問に応じる企画の際、マンチェスター・CのDFバンジャマン・メンディから「いつかプレミアリーグでプレーするのか?」と尋ねられると、以下のように話して将来的な移籍願望があることを示唆した。

    「プレミアリーグは大きなコンペティションだ。世界でも最も大きなものの一つだね。僕たちは明日のことなんてわからないものだけど、あらゆる偉大な選手は、少なくともいつかはプレミアリーグでプレーしなければならないと思っている」

    今シーズンも、PSGで公式戦18試合15得点7アシストとインパクトを残しているネイマール。プレミアリーグで、その躍動する姿を見ることができる日は来るのだろうか。

    12/6(木) 12:11配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-goal-socc


    【【サッカー】ネイマール、プレミアリーグ移籍か?!】の続きを読む


    欧州サッカーで八百長?「5点差負け」的中、仏当局捜査
    欧州サッカーで八百長?「5点差負け」的中、仏当局捜査  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    パリ・サン=ジェルマン・フットボール・クルブ(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(
    91キロバイト (6,825 語) - 2018年10月8日 (月) 10:40



    (出典 as01.epimg.net)


    CLで八百長はやばいな。

    1 nita ★ :2018/10/13(土) 07:30:18.23 ID:CAP_USER9.net

    2018/10/13 06:00

    ベルギーサッカー界では八百長やマネーロンダリングの疑いで多くのクラブが警察当局による捜索を受けるなど衝撃が広がっている。

    そうした中、PSGの試合にも八百長の疑いがかけられていると、フランス紙『L'EQUIPE』が報じた。

    問題視されているのは、今月4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、PSG対ツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)戦だという。パルク・デ・プランスで行われた一戦は、6-1でパリが大勝している。

    同紙によれば、UEFAからの警告を受けたフランス当局が捜査を始めたという。

    UEFAはツルヴェナ・ズヴェズダの幹部と共犯者が、自らのチームが5点差で負けることに数百万ユーロを賭ける意思を示したというレポートを試合の数日前に受け取っていたとのこと。賭け金は500万ユーロ(6.4億円)近い金額で、数千万ユーロの利益を得たとも。

    元横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクも先発した試合はパリが70分までに5点を奪い、その後74分に失点。そして、81分に6点目を奪う展開だった。

    ただ、ツルヴェナ・ズヴェズダ側は『L'EQUIPE』の報道に対して異議を申し立てるとも伝えられている。

    https://qoly.jp/2018/10/13/cl-psg-belgrade-match-fixing-by-lequipe-iks-1


    【【サッカー】PSGが八百長疑惑?! すでに捜査開始か。】の続きを読む


    堂安律が“若手版バロンドール”にノミネート!ムバッペやプリシッチら候補者10選手に
    堂安律が“若手版バロンドール”にノミネート!ムバッペやプリシッチら候補者10選手に  Goal.com
    (出典:Goal.com)


    (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。FCフローニンゲン所属。ポジションはミッドフィールダー。日本代表。兄の堂安憂もプロサッカー選手。 小学時代は西宮SSに所属。中学進学時にガンバ大阪と名古屋グランパスエイトの2クラブからオファーを受け
    20キロバイト (2,225 語) - 2018年10月2日 (火) 14:20



    (出典 sakanowa.jp)


    めちゃくちゃこれからが楽しみな選手だ。

    1 Egg ★ :2018/10/09(火) 09:02:38.60 ID:CAP_USER9.net

    栄誉を争うライバルたちの顔ぶれは?

    日本サッカー界期待の俊英、堂安律が、世界にその名を知らしめようとしている。

     現地時間10月8日、フランス誌『France Football』は恒例の「バロンドール(欧州最優秀選手賞)」の候補者とともに、今年から新設された「コパ・トロフィー」の最終10名の候補者たちも発表した。

     欧州で活躍する21歳以下の若手選手がノミネート対象だ。1950年代にレアル・マドリーで活躍し、1958年のバロンドール受賞者でもあるフランス代表往年の大スター、レイモン・コパの名を冠にしている。

     そんな栄えある賞の最終候補者に堂安が選ばれたのである。日本代表MFはイタリア紙『Tutto Sport』が主催する「ゴールデンボーイ賞」にもノミネートされており、昨シーズンのフローニンヘンで公式戦10ゴールをマークした20歳が、世界的な注目を集めている証だ。

     とはいえ、堂安と「コパ・トロフィー」の栄誉を争うライバルたちは、いずれも世界でその名を馳せる俊英ばかり。そのなかでも筆頭候補となるのは、フランス代表の“怪童”キリアン・エムバペだろう。

     先のロシア・ワールドカップでは背番号10をつけ、母国の世界制覇に大貢献。クラブレベルで見れば、モナコでの飛躍を経て昨年夏に移籍したパリ・サンジェルマンでも特大のインパクトを残した。

     その他の候補者も欧州で飛躍し続ける猛者が揃う。19歳にしてイタリアの名門ミランで正守護神を務めるジャンルイジ・ドンナルンマやリバプールでユルゲン・クロップの薫陶を受けるトレント・アレクサンダー=アーノルド、さらにはドルトムントで香川真司の同僚のクリスティアン・プリシッチ、元オランダ代表FWパトリック・クライファートの息子であるユスティン・クライファートも名を連ねる。

     誰が受賞してもおかしくない超逸材と肩を並べ、堂々“10傑”に食い込んだ堂安。その事実だけでも、ひとつの快挙と言っていいだろう。受賞者は現地12月3日に発表される。

     以下が「コパ・トロフィー」2018年度のノミネート10選手だ。

    キリアン・エムバペ(パリSG/フランス代表/FW)
    トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表/DF)
    フセム・アウアー(リヨン/フランスU-21代表/MF)
    アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク/マリ代表/MF)
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン/イタリア代表/GK)
    パトリック・クトローネ(ミラン/イタリア代表/FW)
    堂安律(フローニンヘン/日本代表/MF)
    ユスティン・クライファート(ローマ/オランダ代表/FW)
    クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ代表/MF)
    ロドリゴ(サントス/ブラジル国籍/FW)

    10/9(火) 5:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00048350-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】堂安律、フランス雑誌の若手賞候補に名を連ねる】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 アルテミス@ ★ :2018/09/29(土) 20:24:20.16 ID:CAP_USER9.net

    元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が、フランス1部ナントの監督に就任する可能性が高くなった。

     複数の地元メディアが報道。主要スポーツ紙レキップによると、6月に就任したばかりのミゲル・カルドソ監督(46)は29日のリヨン戦を最後に成績不振のため解任される見通し。後任としてハリルホジッチ氏が就任することが決定的で、早ければ週明けの10月1日に正式発表されるという。

     ハリルホジッチ氏は現役時代の1981~86にナントでプレーし、2度リーグ得点王に輝くなど活躍。今季開幕7試合で勝ち点5の19位に低迷する古巣を立て直せるか、注目を集めることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000154-spnannex-socc


    【【サッカー】 ハリルホジッチ氏、古巣・仏1部ナントの監督就任へ 週明けにも発表と現地報道】の続きを読む

    このページのトップヘ