スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ:野球 > 読売ジャイアンツ


    巨人監督に原辰徳氏が復帰へ 3度目就任に「前向き」
    巨人監督に原辰徳氏が復帰へ 3度目就任に「前向き」  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、英:Yomiuri Giants、読売巨人軍)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。日本で4番目に成立したプロ野球球団であり、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの12球団の中で最も歴史が長い。現在の監督は高橋由伸(第18代)、キャプテンは坂本勇人(第19代)。
    223キロバイト (31,370 語) - 2018年10月10日 (水) 08:34



    (出典 i.daily.jp)


    また戻ってきたね。3回目か就任は。

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/10/10(水) 15:26:03.32 ID:68rm7s330.net BE:882533725-PLT(14141)


    (出典 img.5ch.net)

    原氏が監督復帰=プロ野球・巨人
    10/10(水) 14:52配信
    187
    時事通信
     プロ野球巨人は10日、今季限りで退任する高橋由伸監督(43)の後任として、前監督の原辰徳氏(60)が就任すると発表した。原氏は2015年以来の監督復帰となる。
    高橋監督は3年連続で優勝を逃した責任を取って辞任を表明していた。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000071-jij-spo


    【【野球】原辰徳氏が巨人監督に復帰!!!!就任は3回目。】の続きを読む


    DeNAがCS逃す ラミレス監督「責任を取らないと」
    DeNAがCS逃す ラミレス監督「責任を取らないと」  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    2016年の横浜DeNAベイスターズでは2016年の横浜DeNAベイスターズの動向についてまとめる。 この年の横浜DeNAベイスターズは、アレックス・ラミレス監督の1年目のシーズンである。 1月4日 2016年のチームスローガンを『WE PLAY TO WIN』としたことを発表。 1月9日
    22キロバイト (484 語) - 2018年2月19日 (月) 14:01



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    選手のせいにするか自分のせいにするか。
    選手のせいにしていたら永遠に成長できないと思う。

    1 風吹けば名無し :2018/10/10(水) 10:11:07.99 ID:wXAOlY8Ka1010.net

    冗談抜きにこいつ*すぎじゃね?


    【由伸ラミレス「選手はよくやった。監督の責任。本当に申し訳ない」金本「選手が悪い。打力が酷い」】の続きを読む


    ^ 菅野、早くも巨人ユニに袖通す!背番号「19」 SANSPO.COM、2012年10月25日 ^ プロ野球:菅野智之投手が巨人と仮契約 - 毎日新聞 2012年11月21日 ^ 菅野巨人デビュー!東京ドームでお披露目 - サンケイスポーツ 2012年11月23日 ^ 菅野
    50キロバイト (5,981 語) - 2018年10月2日 (火) 14:45



    (出典 i.daily.jp)


    巨人の菅野は本当に安定して結果を残せるよなぁ。

    1 このもん ★ :2018/10/07(日) 18:53:20.32 ID:CAP_USER9.net

    【巨人】菅野の2年連続最多勝確定!球団史上6人目
    2018年10月7日18時2分 スポーツ報知

     巨人・菅野智之投手(28)の2年連続セ・リーグ最多勝のタイトルが7日、確定した。

     15勝で並んでいた広島・大瀬良がこの日のDeNA戦(マツダ)に先発。8回3失点で同点の状況で降板し、勝ちはつかなかった。カープはレギュラーシーズンの全日程を終了。菅野のタイトルが確定した。

     菅野は昨年17勝5敗、防御率1・59で最多勝、最優秀防御率、沢村賞を受賞。今年は最多勝の他に4度目の最優秀防御率(現在2・15)、2度目の最多奪三振(現在200)もほぼ当確で、201イニングを投げて10完投、8完封も1位と圧巻の成績を残している。

     2年連続最多勝は、巨人ではスタルヒン、沢村栄治、江川卓、斎藤雅樹、内海哲也以来、球団史上6人目となった。

    https://www.hochi.co.jp/giants/20181007-OHT1T50165.html


    【【野球】巨人菅野の2年連続最多勝!!!球団史上6人目の快挙!!】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    中日もドラフト一位で指名しそうだ。

    1 風吹けば名無し :2018/10/06(土) 06:44:39.22 ID:la1ijIrma.net

    巨人】大阪桐蔭・根尾、急展開のドラ1指名へ…坂本の後継者期待
    スポーツ報知

     巨人は5日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト1位候補を大阪桐蔭の根尾昂(あきら)内野手(3年)で一本化したことが明らかになった。

    これまでは金足農の152キロ右腕・吉田輝星投手(3年)を最有力候補に挙げていたが、U18アジア選手権や福井国体で評価が逆転。
    野手の軸である坂本勇や長野らの後継者としても期待は高く、この日の会議の中で、1位指名を確認したもようだ。

     25日に迫る運命の日へ、ドラフト戦線が急展開を迎えた。巨人が、大阪桐蔭の二刀流・根尾を1位指名する方針で固まったことが判明した。
    この日のスカウト会議では上位候補の確認などを行ったもようで、関係者の話を総合すると“即戦力”として最上位にランクアップさせたようだ。

     来季に向けた巨人は、先発投手の補強を課題に挙げていた。その中で、金足農の152キロ右腕・吉田輝星投手に注目してきた。
    吉田は週明けにもプロ志望届を提出する方向。
    夏の甲子園終了後「巨人が好きです」と公言しており、その素朴さはファンのハートを射止めるだろう。だが、ここにきて根尾が評価を逆転させた。

     夏の甲子園では6試合で打率4割2分9厘、3本塁打5打点。投手としても2試合に登板し、春夏連覇に貢献した二刀流。その評価をさらに上げたのが、その後に行われたU18アジア選手権だ。
    プロと同じ木製バットを使用する中、計5試合で18打数7安打で打率3割8分9厘をマーク。スカウト陣に対応力を見せつけ、9月3日の香港戦(サンマリン宮崎)では5打数5安打1本塁打のサイクルヒットを成し遂げた。

     視察した鹿取GMもべたぼれだった。「木のバットでも問題なく芯で捉えている。肩もいいし、足も速い」と賛辞を送っていた。今月1日の福井国体・下関国際戦でも打っては中堅左へ135メートル特大弾。
    投げても先発で自己最速タイの150キロを計測し、5回を3安打無失点に抑えた。投打に資質の高さを見せつけ、春夏連覇に続く、国体Vへと先導した。

     チームは今、坂本勇を中心とした若返りを図っている。だが、7月に左脇腹肉離れで約1か月も離脱した間、戦力低下は否めなかった。
    根尾は遊撃を中心に三塁や外野も守れるユーティリティーさがあり、勇人の後継者になれる存在感もある。投げてはMAX150キロを誇り、次世代を背負うスター候補としての期待は大きい。間違いなくチームの最重要課題であるセンターラインの中心になれる逸材だ。

     岡崎スカウト部長は会議後「今日は確認です。(他球団の)シミュレーションもしてないですね。
    プロ志望届もそろそろ出そろうし、(リストから)カットされる選手も含めてね」とリストの精査を主眼に置いたことを説明した。

     “根尾人気”は高く、複数球団によるくじ引きは避けられそうにないが、覚悟の上だ。低迷する巨人軍の復活には、根尾の力が必要。覚悟を決めて、是が非でも引き当てる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00010001-spht-base&p=2


    【【速報】巨人、大阪桐蔭根尾をドラフト1位指名か。】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/04(木) 21:11:10.71 ID:CAP_USER9.net

    ◇セ・リーグ 巨人4―0広島(2018年10月4日 マツダ)

    巨人のエース菅野智之投手(28)が広島打線を9回4安打に抑え、3試合連続完封勝利でリーグトップタイの15勝目(8敗)。
    15勝7敗の広島・大瀬良大地投手(27)に並び、最多勝のタイトルに一歩近づいた。

    菅野の3連続完封は昨年4~5月に続いて自身2度目。シーズン8度目の完封は1978年の鈴木啓示(近鉄)以来40年ぶり、巨人では1963年の伊藤芳明以来55年ぶりという快挙。
    また、この日11奪三振で今季の奪三振数も200の大台に到達。球団では81年の江川卓以来の「200回、200奪三振」も記録した。

    広島・野村との投げ合いで4回まで0―0の投手戦。だが、巨人は5回に2死一、二塁から主砲・岡本の中前適時打で先制すると、
    6回には1死一、三塁から菅野が自らセーフティースクイズを決めて貴重な追加点を入れ、2点のリードを奪った。
    8回には4番手・今村の代わりバナを叩いて先頭の阿部が11号、続く長野が13号と2者連続本塁打でリードを4点に広げて逃げ切った。

    菅野は9回で119球を投げ、4安打完封。今季4度目の無四球で、完投もリーグダントツの今季10度目となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000155-spnannex-base
    10/4(木) 20:57配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/cl2018100402.html
    試合スコア


    【【野球】あっぱれ!菅野が3試合連続完封でトップタイ15勝 シーズン8度目完封は鈴木啓示以来40年ぶり 27試合15勝8敗 2.15】の続きを読む

    このページのトップヘ