スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!

    カテゴリ:野球 > 阪神タイガース


    FA宣言のオリックス西、阪神への移籍を決断
    …していた西が阪神へ移籍する意向を固めたことが5日、わかった。近く正式発表される。 「より厳しい環境で自分の力を試したい」とFA権を行使した西は、残留を…
    (出典:野球(読売新聞))



    (出典 www.buffaloes.co.jp)


    めちゃくちゃ口説いてるわらわらわらわ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/06(木) 04:19:53.07 ID:CAP_USER9.net

    オリックスから国内フリーエージェント(FA)権を行使していた西勇輝投手(28)の阪神入りが5日、決定的となった。
    プロ入り通算74勝の右腕を巡っては、残留を求めるオリックスのほか、阪神、ソフトバンク、DeNAが争奪戦に参戦。
    各球団と複数回の交渉を済ませた状況だが、阪神は近日中に3度目の交渉を行い、矢野燿大監督(50)が直接出馬して口説き落とす可能性が高くなった。

    西は11月7日にFA宣言し、阪神とはすでに2度、交渉した。4年契約を提示されたが、条件面での強い要望は封印。
    「自分をどれだけ必要としてくれるか、という言葉をいただきたい」と、「誠意」が決断のポイントになると強調してきた。
    4年契約を提示した交渉役の谷本副社長からは「タイガースとしては(投球の)中身をしっかり見ています」と、勝敗数に表れない安定感を高く評価されていた。

    最近5年で4度の2ケタ勝利。故障が少なく、1年を通してローテーションを守れる右腕への注目度は、FA宣言当初から高かった。
    特に資金力に勝るソフトバンクは、阪神をはるかに上回る好条件を提示。当初の4年総額16億円超から、最終的には同20億円超にまで引き上げていた。
    さらに王球団会長も獲得を熱望。3年連続日本一へ、必要不可欠な戦力であることを熱く訴え続けていた。

    一方で西はプロ入りから10年間、オリックス一筋でプレー。
    「僕を育ててくれたのはオリックスですから」と恩義や愛着も強く、11月28日には自身の公式ブログで「本当に自問自答しています。
    一度きりのプロ野球人生なので…」などと悩める胸中を明かしてきた。この日は大阪市内で、契約している用具メーカーと打ち合わせ。
    自身の去就については「しゃべってもいいことがないので」と語るにとどめ、明確にしなかった。

    阪神にとっては、大きな戦力を迎え入れるまであと一歩の状況だ。
    通算74勝の右腕はエース格としてはもちろん、小野、才木ら将来性豊かな先発陣の手本になれる存在。しかも28歳と若く、プロ選手としてまだまだ伸びしろがある。
    6日に50歳の誕生日を迎える矢野監督もかねて「前に進むという感じであれば。もちろん、喜んで行かせてもらう」と直接出馬には前向きだった。
    争奪戦が最終局面を迎えた段階で、指揮官自らが交渉の席につく効果は計り知れない。球団を挙げて恋人を口説き、西のハートをたぐり寄せる。

     ◆西のFA宣言からの経過

     ▽11月7日 オリックス球団事務所を訪れてFA申請書類を提出。「他のチームの話を聞きたいというのが素直な気持ち。チャンスをしっかり使っていきたい」

     ▽同15日 DeNA、ソフトバンクと非公開で交渉

     ▽同16日 阪神と非公開で交渉

     ▽同20日 ソフトバンクと非公開で2回目交渉。条件上積み

     ▽同22日 オリックスと残留交渉。湊球団社長が直接出馬

     ▽同24日、阪神が2度目の入団交渉

     ▽同25日 オリックスのファン感謝イベントに参加。「そろそろ決めたいなと思います。方向性は決まってきたので」

     ▽同28日 自身の公式ブログを更新。一部報道で阪神移籍を決断したと報じられたことに「現時点で決断していることは何一つありません」

     ◆西 勇輝(にし・ゆうき)1990年11月10日、三重県生まれ。28歳。菰野高から2008年のドラフト3位でオリックス入団。
    12年10月8日のソフトバンク戦(ヤフーD)でノーヒットノーランを達成した。14年には球団新記録の開幕8連勝。
    14年の日米野球、15年のプレミア12で日本代表。通算成績は209試合、74勝65敗1セーブ、防御率3.30。181センチ、80キロ。右投右打。既婚。今季年俸1億2000万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000042-sph-base
    12/6(木) 3:03配信


    【【野球】FA西勇輝、阪神入り決定的?!】の続きを読む


    高山契約更改で記者に逆質問「どう思いますか?」600万減の3200万円
    高山契約更改で記者に逆質問「どう思いますか?」600万減の3200万円  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 m.hanshintigers.jp)


    なんでやろな

    1 かばほ~るφ ★ :2018/11/26(月) 17:46:33.46 ID:CAP_USER9.net

    高山契約更改で記者に逆質問「どう思いますか?」600万減の3200万円
    2018.11.26.

    阪神の高山俊外野手(25)が26日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、
    今季年俸3800万円から、600万減の年俸3200万円でサインした。(金額は推定)

    今季は、ルーキーイヤーの16年から3年連続で開幕スタメンを勝ち取ったが、
    5月18日に出場選手登録を抹消。6月12日に再昇格を果たし、
    その日の日本ハム戦(札幌D)に昇格即スタメンで、3ランを放つなど存在感を示した。
    しかしながら、出場試合数は45試合にとどまり、打率は172。
    2軍生活も長く、悔しいシーズンとなった。

    会見に姿を見せた高山は、金額の増減を尋ねられ「どう思いますか?」と苦笑交じりに逆質問。
    今シーズンを振り返って、との問いかけにも「1年間通して、皆さんも分かってる通りの結果だったので。
    僕自身が一番分かっているので、ここで言わなくてもいいかなと思います」
    と悔しさを押し*ように言葉をつないだ。

    巻き返しを期す来季に向け「自信はあります。目指していく方向性というのは固まっている。
    方向性を定めていけるのが一番強いし、僕もこれで勝負できるかな、というのがある」
    と静かに、そして力強くうなずいた。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/26/0011853119.shtml
    契約更改交渉を終え、会見する阪神・高山俊=阪神球団事務所

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【野球】阪神・高山、年俸減額で記者に逆質問、、】の続きを読む


    【ドラフト】阪神ドラ1、近本「名前が出てビックリした」
    【ドラフト】阪神ドラ1、近本「名前が出てビックリした」  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)


    阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英語: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。日本に現存する12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長いプロ野球球団である。運営法人は株式会社阪神タイガース
    189キロバイト (26,991 語) - 2018年10月19日 (金) 07:14



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    阪神は根尾くんからも嫌われてたなわら

    1 代打名無し@実況は野球ch板で :2018/10/26(金) 03:38:29.19 ID:Lu3FdYYO0.net


    【IP表示 有】 !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    【IP表示 無】 !extend:che*ed:vvvvv:1000:512

    !extend:che*ed:vvvvv:1000:512 ←を本文1行目に記載するとワッチョイ仕様になります。

    【IP表示 有】 !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    【IP表示 無】 !extend:che*ed:vvvvv:1000:512 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured 👀
    Ro*54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)


    【【野球】2018年阪神ドラフトの結果を振り返る。】の続きを読む


    「1位でプロへ」 ドラフトで大阪桐蔭・藤原外野手
    「1位でプロへ」 ドラフトで大阪桐蔭・藤原外野手  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)


    大阪桐蔭中学校・高等学校(おおさかとういんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大東市中垣内三丁目にある男女共学の私立中学校・高等学校。中学からの中高一貫コースと高校からのコースがある。設置者は学校法人大阪産業大学である。 高校生急増期の生徒受け入れを目的として、大阪産業大学高等学校(現:大阪
    34キロバイト (4,131 語) - 2018年10月24日 (水) 20:28



    (出典 pbs.twimg.com)


    藤原もいいせんしゅだもんな

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/23(火) 07:04:31.38 ID:CAP_USER9.net

    阪神がドラフト1位戦略を大阪桐蔭の“三刀流”根尾昂と三拍子揃った大型外野手、藤原恭大の2者選択に絞ったことが22日、明らかになった。両者の評価は、甲乙つけがたいためにドラフト当日の朝まで他球団の情報を収集。競合チームが少なく、クジ確率の高い方を選択、矢野新監督に運命を託すというプランを固めた。最終結論はドラフト当日の25日に決定することになる。
     
     阪神の来季だけを考えれば、補強ポイントは即戦力投手だ。しかし、本社主導の辞任勧告により、来季の編成に意見してきた金本監督が辞任、矢野監督へ代わり、フロント主導で将来を見据えたドラフト戦略を貫くことになったため根尾、藤原の大阪桐蔭の2人の大型野手にターゲットを絞った。

     当初、阪神内では、藤原がナンバーワン評価だったが、春夏連覇した甲子園大会以降の追跡調査で、根尾の評価が急上昇。“ポスト鳥谷”のショート不在というチーム事情も手伝って1位指名の最有力候補にリストアップされた。金本前監督は、北條史也、植田海、糸原健斗らを起用してきたが、北條は伸び悩み、今季はようやく脱皮する気配を見せていたが肩を脱臼、糸原は二塁へコンバートされるなどレギュラー獲得に至る選手が出てきていない。センターラインを固めたい阪神にとって根尾は、喉から手が出るほど欲しい逸材だ。

     しかし、早々と中日が根尾の1位指名を公表。与田新監督は「スーパーマン」と表現、二刀流起用を検討する構想さえ披露した。高橋監督から原新監督にバトンタッチした巨人もラブコールを受けていた金足農の吉田輝星から根尾へと方向転換。楽天、横浜DeNA、大谷翔平で二刀流育成に成功している日ハム、ソフトバンクらも根尾を1位候補に挙げており、少なくとも5球団以上が競合する状況となり、クジを外すリスクが高まった。

     昨年の阪神は、清宮幸太郎を1位指名したが、クジで外し、外れ1位で入札した安田尚憲もロッテに取られ、仙台大の馬場皐輔を外れ外れ1位で指名したが、1年目は戦力とならなかった。1位相当の選手層が薄い年にクジを外した場合、外れに有力選手が残っておらずドラフト戦略全体に影響を及ぼす危険性がある。そこでリスクを回避するためのドラフト戦略的に根尾と変わらぬ評価のあった藤原が再浮上してきたのだ。

     藤原についても複数球団が熱視線を送っており、特にロッテは1位指名が有力視されている。
     だが、もしライバルがロッテだけなら2分の1の確率となり、根尾の5分の1の確率よりもリスクは少ない。加えて、福留孝介、糸井嘉男らのベテランに頼っている外野陣の現状からすると、10年以上ポジションを任すことのできる次世代の外野手育成は急務だ。

     新人王を獲得した高山俊が伸び悩み、昨年20本塁打を放った中谷将大も今季はわずか5本塁打に終わるなど、ポスト福留、ポスト糸井が出てきていないチーム状況だけに、なおさら高レベルで三拍子が揃い、長打力もあり、将来トリプルスリーさえ狙えるスケール感のある藤原は、なんとしてでも欲しい素材である。藤原は、足と肩が抜群のため、その守備力は即戦力との評価があり、ベンチからすれば、1年目から起用しやすい選手でもある。

     ただ、今後、根尾の競合を回避して阪神同様に藤原指名に回ってくる球団が増える可能性もなくはない。もし競合回避の連鎖が起きて、根尾のクジ確率が下がれば、阪神は、もちろん、根尾を1位指名することになる。そこは、直前まで各球団の情報戦。あえてダミー情報を発信する球団もあり、水面下での激しい駆け引きが続くことになる。

     昨年のドラフトでは、横浜DeNAが、その事前の情報戦をもとにドラフト戦略を固めて、結果的に、立命大の左腕、東克樹の1本釣りに成功、即戦力として11勝5敗の数字を出した。高田繁GMは、「即戦力の評価をしたのは田嶋(西武とオリックスが競合してオリックス1位)と東の2人だけだった。田嶋は2球団以上の競合が予想され、東も楽天が来るのではないか、という情報も入っていたが、1本釣りの可能性の高い東に絞った」という後日談を話していたが、こういう“情報戦”を勝ち抜くスカウト陣の能力と戦略、決断がドラフトでは非常に重要になってくる。

     阪神はドラフトの当日までにどれだけ高精度の情報を集めることができるのか。根尾か、藤原か。いずれにしろ阪神の未来のカギを握るドラフト1位指名候補は、25日の当日に最終決断が下されることになる。

     (文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

    10/23(火) 5:28配信 THE PAGE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00010000-wordleafs-base


    【【野球】阪神、候補に大阪桐蔭・藤原が再浮上!】の続きを読む


    金本辞任で暗黒時代再び、元球団社長が明かす阪神の体質
    金本辞任で暗黒時代再び、元球団社長が明かす阪神の体質  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    金本 知憲(かねもと ともあき、1968年4月3日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家。広島県広島市南区青崎出身。2016年シーズンより阪神タイガース監督(第33代)。愛称は「アニキ」、「鉄人」。 金本は韓国系日本人3世であり(2001年の結婚と同時に日本人に帰化)、中央日報は、金本の韓国名を金
    68キロバイト (8,353 語) - 2018年10月14日 (日) 23:48



    (出典 number.ismcdn.jp)


    補強すればいいわけではないだろ

    1 ほニーテール ★ :2018/10/13(土) 22:19:10.81 ID:CAP_USER9.net

    阪神は13日の今季最終戦となった中日戦(ナゴヤドーム)を延長の末に3―2で競り勝った。1点を追う9回に相手の暴投で追いつくと、延長11回に中谷が勝ち越し打を放った。

     今季を62勝79敗2分けで終えた金本監督は「選手たちはよくやってくれたが、僕の力及ばずで申し訳ない」と改めて謝罪した。

     指揮を執った3年間では若手を積極起用。大山、糸原、小野、才木ら若手が一人前になりつつあるだけに「朝練も付き合ったりした選手たちが来年以降、芽が出て花を咲かせてくれないと、僕まで悲しくなる。きれいで、すごい花を咲かせてほしい」とエールを送った。

     自身の後を受ける新監督やコーチへの助言を問われ「次の首脳陣はその考え方と方針のもと、やっていけばいい。だいぶ育成は終わったので、そろそろ補強で勝たれたほうがいいと思います」と最後は笑いを誘う“鉄人節”で締めた。

     球団は後任を矢野二軍監督に一本化。この日、揚塩社長が宮崎入りしてフェニックスリーグで指揮を執る矢野二軍監督に正式要請したとみられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000042-tospoweb-base


    【【野球】 阪神・金本監督 来季のチームへ助言?!】の続きを読む

    このページのトップヘ