スポーツNEWSまとめ

スポーツに関するニュースを集めたページです。サッカーや野球、ラグビーなど、今旬のニュースをお届けします!


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。日本代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。 小学1年生の時にサッカーを始める。中学進学時には中学のサッカー部には入らず、
    15キロバイト (1,349 語) - 2018年8月5日 (日) 15:53



    (出典 www.football-zone.net)



    1 名無しに人種はない@実況OK :2018/07/31(火) 13:52:36.22 ID:093/Oehi.net

    シント=トロイデンVV公式サイト
    https://www.stvv.com/
    シント=トロイデンVV日本語公式サイト
    https://stvv.jp

    遠藤航インスタグラム
    https://www.instagram.com/endowataru/
    遠藤航アメーバブログ
    https://ameblo.jp/wataru-endo/
    遠藤航オフィシャルウェブサイト
    http://wataruendo.com/


    【【シント=トロイデンVV】遠藤航 Part1】の続きを読む



    1 名無し for all, all for 名無し :2018/07/16(月) 14:31:18.09 ID:tHbWPGiBr.net

    !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    ↑本文の一行目に書く

    前スレ
    ラグビー日本代表 part302
    http://mao.5ch.net/test/read.cgi/ovalball/1530245088/

    --------------------
    日本代表テストマッチ 結果と予定
    2017年06月10日 〇33-21●ルーマニア
    2017年06月17日 ●22-50〇アイルランド
    2017年06月24日 ●13-35〇アイルランド
    2017年10月28日 ●27-47〇世界選抜
    2017年11月04日 ●30-63〇オーストラリア
    2017年11月18日 〇39-06●トンガ
    2017年11月25日 △23-23△フランス

    2018年 6月09日 〇34-17●イタリア
    2018年 6月16日 ●22-25〇イタリア(兵庫・ノエビアスタジアム)
    2018年 6月23日 ○28-0●ジョージア(愛知・豊田スタジアム)

    2018年11月03日 ニュージーランド(東京・味の素スタジアム)
    2018年11月17日 イングランド(イングランド・トゥイッケナム)


    --------------------
    ()は地域予選の参考有力国 数字は世界ランク (18.6.4現在)

    【プールA】
    アイルランド2、スコットランド6、日本11、ロシア19、サモア16

    【プールB】
    NZ1、南ア7、イタリア14、(ナミビア24)、(カナダ21or香港22etc.)

    【プールC】
    イングランド3、フランス8、アルゼンチン9、アメリカ15、トンガ13

    【プールD】
    豪州4、ウェールズ5、ジョージア12、フィジー10、ウルグアイ18
    -
    VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【ラグビー日本代表 part303】の続きを読む


    桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現三豊市)出身。三豊市立吉津小学校、福島県富岡町立富岡第一中学校、福島県立富岡高等学校を卒業し、2013年4月にNTT東日本へ入社。 BWF世界ランキング最高位は2位(2016
    22キロバイト (2,300 語) - 2018年8月5日 (日) 12:52



    (出典 www.smash-net.tv)


    完全復活ですね!おめでとうございます!!

    1 ばーど ★ :2018/08/05(日) 22:38:34.65 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www.nikkansports.com)


    <バドミントン:世界選手権>◇5日◇中国・南京◇男子シングルス決勝


     【南京(中国)=高場泉穂】男子シングルスの桃田賢斗(23=NTT東日本)が、世界ランク3位の石宇奇(中国)を2-0で下し、この種目で日本男子初の金メダルを獲得した。

     相手は世界ランク3位で地元中国の石。完全アウェーの中、桃田は冷静にテンポよく得点を重ねた。第1ゲームは21-11と先取。第2ゲームも勢いのまま21-13と連取して、悲願の優勝を決めた。五輪、世界選手権を通じて、日本男子の世界一は初の快挙となった。決勝のコートでは笑顔が多かった。重圧、プレッシャーより、また最高の舞台でバドミントンができる喜びにつつまれているように見えた。

     リオ五輪直前の16年4月に、違法賭博の店に出入りしていたことが発覚。無期限の試合出場停止処分を受け、17年5月に処分が解除された。

     試合に出られない謹慎期間。チームメートの練習相手になったり、シャトル拾いをこなした。子供時代からエリート。今まで無縁だったサポート役を経験し、バドミントンをプレーできるありがたさ、喜びを学んだ。積極的にバドミントン教室などにも参加。競技を心から楽しむ子供たちを見て、原点の気持ちも取り戻した。

     今年から日本代表にも復帰。ネット前のヘアピンショットに代表される持ち前の高い技術に、フィジカルの強さが加わり、昨年7月の282位から再スタートした世界ランクを6位にまで上げ、銅メダルを獲得した15年以来3年ぶりに世界選手権に戻ってきた。

     組み合わせに恵まれたこともあるが、ここまで4戦を危なげなく勝ち上がった。動きのキレはこの日も変わらず。「気持ちで負けないように足を動かして自分らしく戦いたい」と話していた通り、集中した戦いで世界の頂点に立った。

     

     ◆違法賭博問題からの桃田の歩み

     16年4月 スーパーシリーズ(現ワールドツアー)マレーシア・オープンに出場中に賭博問題が発覚。日本協会から無期限の試合出場停止処分を受ける。

     同5月 NTT東日本の出勤停止処分が解け、練習を再開。

     17年5月 出場停止処分解除。実戦復帰となった日本ランキングサーキットで優勝。

     同7月 カナダ・オープンで準優勝。ポイントが消滅していた世界ランキングに282位で復帰。

     同12月 全日本選手権準々決勝で敗退。

     18年1月 2年ぶりに日本A代表に復帰。

     同年4月 アジア選手権優勝。

     同5月 国・地域別対抗戦トマス杯で第1シングルスを務め、日本の準優勝に貢献。

     同7月 インドネシア・オープンの準決勝で五輪3大会連続銀メダルのレジェンド、リー・チョンウェイ(マレーシア)、決勝で世界ランク1位アクセルセン(デンマーク)を破り、優勝。世界ランクは6位にまで上昇。

    [2018年8月5日19時23分]
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201808050000687.html

    関連スレ
    【速報】バドミントン世界選手権 桃田賢斗選手 男子シングルスで優勝 日本男子で初(19:16)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533464300/


    【【バドミントン】世界選手権 不祥事から2年 桃田賢斗が日本男子初の金メンダル 完全復活】の続きを読む


    桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現三豊市)出身。三豊市立吉津小学校、福島県富岡町立富岡第一中学校、福島県立富岡高等学校を卒業し、2013年4月にNTT東日本へ入社。 BWF世界ランキング最高位は2位(2016
    22キロバイト (2,300 語) - 2018年8月5日 (日) 12:52



    (出典 badminton-navi.net)



    1 ばーど ★ :2018/08/05(日) 19:18:20.03 ID:CAP_USER9.net

    NHK

    そーすはあとで


    【【速報】バドミントン世界選手権 桃田賢斗選手 男子シングルスで優勝 日本男子で初(19:16)】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/08/04(土) 18:00:16.44 ID:CAP_USER9.net

    目指す方向を指さしながら、斜め前方へ何度もスプリントした。しかし、味方からはボールが出てこない。そのたびにフェルナンド・トーレスは天を仰ぎ、次の瞬間、ピッチに視線を落とした。

     清水エスパルスのホームに乗り込んだ、1日の明治安田生命J1リーグ第19節。ラ・リーガの強豪アトレティコ・マドリードから今夏にサガン鳥栖へ加入し、2戦連続で先発メンバーに名前を連ねた34歳の元スペイン代表FWはシュートを1本も放てないまま、後半20分に交代を告げられた。

     デビューから3戦を終えて、待望の来日初ゴールはまたもお預けになった。試合も前半20分に決められたPKを最後まで挽回できなかった。試合後の取材エリア。トーレスは「新しいチームに入ったばかりなので」と前置きしながら、新天地サガンで魅せたいプレーについて具体的にこう言及している。

    「できればディフェンスラインの後ろにボールが欲しい。今日は何回も(ラインの後ろに)行ったけどスルーパスが来なかった。残念だったけど、練習からチームで何回も合わせればコンビネーションはもっと、もっとよくなると思う」

     ジュビロ磐田との前節で、相手の背後を突くロングパスを最終ラインから一閃。相手GKクシシュトフ・カミンスキーの美技に防がれたものの、あと一歩でゴールだったトーレスのループシュートを導いたDFキム・ミンヒョクが、エスパルス戦では累積警告による出場停止だった。

     加えて、ベガルタ仙台とのデビュー戦を含めて、トーレスと息の合ったコンビネーションを見せていたFW小野裕二が足をつって、わずか27分間プレーしただけでベンチへ下がるアクシデントも発生。サガンはそれまでの[4‐3‐3]を[4‐4‐2]に切り替えざるを得なくなった。

     自身よりも遅れて加入したFW金崎夢生(前鹿島アントラーズ)とは、まだコンビネーションうんぬんを語れる段階にないのだろう。ならば、後方からのパスを何とか引き出そうとピッチの上で悪戦苦闘したが、ベンチへ下がるまでイメージを共有することはできなかった。

     パスの出し手として最も期待されるのは、リオデジャネイロ五輪にも出場した司令塔・原川力となる。エスパルス戦ではインサイドハーフで先発し、小野の負傷退場とともにボランチに下がった24歳は、攻撃陣を操る決定的なパスを放てないままトーレスと共にベンチへ下がった。

     トーレスの加入が決まったときから、原川は過去の映像を見て動きを研究してきた。しかし、いざ実戦になると思考回路をシンクロさせることができない、とエスパルス戦後に明かしている。

    「ダイアゴナル(斜め前)に裏を狙ってくるのは、映像を見ていてもわかりました。そこを生かせるようにならないといけないんだけど、まだ来日して間もないので、パスを出す側や周りの選手も探り探りの状態だと思う。フェルナンドにしても夢生君にしても、このパスをつけていいのか、このパスが欲しいのかなとこちらが考えながらやっているので、まだまだ時間が必要だと思います」

    つづく

    2018.08.02 06:00
    https://thepage.jp/detail/20180802-00000002-wordleafs

    写真

    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)


    【【サッカー】<F・トーレス(サガン鳥栖)>今なお不発のなぜ?】の続きを読む

    このページのトップヘ